出産後に抜け毛増えるのはなぜ?

出産後の抜け毛の謎

薄毛は男性だけの問題ではありません。女性も薄毛になる可能性は十分にあります。

 

その原因の筆頭は「加齢」です。年を取るにつれて女性ホルモン分泌量が減少していき、髪が細くなり、やがて抜け落ちて薄くなっていきます。

 

男性と違う点は、女性の場合生え際や頭頂部だけがハゲるのではなく、髪全体が薄くなっていく点にあります。もちろん局所的に薄くなることもありますが、たいていの女性は髪が全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」という状態になります。

 

そして、その脱毛症が起きやすいのが出産後です。子どもを産んだことがあるなら、急に抜け毛が増えたことに気付いた人もたくさんいることでしょう。シャンプーをしているとお風呂の排水溝が詰まりそうになるほど真っ黒になり、その状態を見て「このままでは薄毛になってしまうのでは…」と不安になってしまう方も多いようです。

 

出産後すぐに抜け毛が増えるわけではなく、だいたい3か月後くらいから抜け毛が目立ちはじめます。

 

主な原因は、加齢の場合と同じく女性ホルモンの減少が引き金となります。女性の体にはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが分泌されており、普段はバランスを保っています。しかし、妊娠中はエストロゲンは抑制され、プロゲステロンのみが優勢となります。一説にはプロゲステロンは100倍ほどに増加するとも言われています。

 

ところが、出産後はホルモンバランスが元に戻ります。つまり、エストロゲンが急に増えるわけです。エストロゲンは女性の髪を美しくする作用があると言われており、髪を成長させるのに役立ちますが、急激に増えることによって髪が一気に成長し、成長期を飛ばして一気に脱毛期に突入してしまいます。そのせいで大量の脱毛が起こるのです。

 

エストロゲン自体は妊娠前の状態に戻るだけなのですが、プロゲステロンに比べれば物凄い勢いで増加するように見えるため、体が驚いて髪の毛を一気に成長させてしまうわけです。

 

どのくらいの期間で改善する?

 

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが戻れば、産後脱毛症は自然に解消していきます。なので放置すれば問題ないのですが、改善までには早くて半年、長いと1年以上かかる場合があります。女性によってはせっかく治ってもまた妊娠することもあるでしょうし、そうなるとずっと脱毛症と付き合っていくことになります。

 

そのため、できるだけ早く回復したいなら育毛剤を使うのも手でしょう。