産後のストレスを解消して抜け毛を抑える

ストレスとうまく付き合おう

生活習慣病は食事や喫煙、睡眠不足、運動不足などさまざまな要因がありますが、もっとも注意しないといけないのがストレスです。健康的な生活を送っているはずなのに、ストレスが強いばかりに重大な病気になってしまう人がいれば、ヘビースモーカーなのにストレスフリーな生活をして長生きする人もいます。ある意味では、ストレスこそがもっとも気を配らなければいけない点と言っても過言ではありません。

 

当然産後脱毛症にとってもストレスはもっとも避けなければならない要素となります。ストレスが強いと交感神経が優位となり、頭皮に悪影響を及ぼします。悪くなると円形脱毛症などの症状につながることもあります。白髪なども、ストレスが一因となることがあると言われており、髪によいことは何一つないのです。

 

産後はストレスが強い

 

出産後は生活リズムや環境がガラっと変わり、楽しい反面ストレスを感じることも多くなります。そこにきて産後脱毛症が重なってしまい、毎日抜け落ちる髪の毛に大きな不安を感じてしまいます。

 

対策を立てても、産後脱毛症はすぐに回復するものではないので、なかなか治らなくてさらにストレスが強くなってしまいます。そうなると、産後脱毛症だけでなく、ストレス性の脱毛症が重なってしまうおそれすらあります。そうなると、さらに異常な抜け毛におちいってしまうかもしれません。

 

つまり、産後脱毛症を早く解決する一番の近道はストレスをどうやって解消するかによるのです。

 

趣味などがあるとストレス解消もしやすいのですが、赤ちゃんの世話で忙しくしているとそれも難しいです。なので、赤ちゃんと一緒にできるもの、もしくは赤ちゃんが同じ部屋にいてもできるものをストレス解消にあててみるといいでしょう。

 

意外と便利なのがテレビです。赤ちゃんの機嫌がいい間、のんびりテレビを見ているだけでもリフレッシュになります。日ごろテレビをあまり見ないという人が増えているようですが、面白おかしいテレビ番組をただ見ているだけでもストレス解消にはなります。

 

また、子供向けビデオを赤ちゃんと一緒にみるのもいいでしょう。大人にとってはつまらないものに思えますが、最近は大人でも楽しめる子供向け番組やアニメ、映画などもたくさんありますし、子供がどんなことで喜ぶのか勉強になります。偏見を取り払って、子供と一緒に楽しんで観てはいかがでしょうか。


関連ページ

食事習慣を改善して産後の薄毛を克服する
髪の毛はたんぱく質から生成されるほか、たんぱく質の生成を助けるビタミンやミネラルなども髪の毛の成長には重要な役割を果たしています。そのため食事の内容は非常に重要なのです。
産後の抜け毛と喫煙の影響とは
喫煙が赤ちゃんに悪影響を与えるのはすでに常識ですが、実は抜け毛にも影響を及ぼすことがあります。百害あって一利なしなのですぐにやめるべきでしょう。
睡眠不足が女性の抜け毛に与える影響
実は睡眠不足も抜け毛に悪影響を与えてしまいます。副交感神経が活発になる時間帯に眠らないことで、髪の毛の成長を阻害してしまうのです。
産後は運動不足になりがち!しっかりと体を動かそう
健康によくないことは髪にもよくないのは言うまでもありません。運動不足は生活習慣病の原因となりますが、薄毛の回復にも悪影響を与えるのでできるだけ運動をするようにしましょう。