産後は運動不足になりがち!しっかりと体を動かそう

運動不足を解消して産後の抜け毛回復を早める

健康を保つためには、適度な運動が必要なのは言うまでもありません。当然、運動をしないと肥満などの原因になるほか、生活習慣病などのリスクが高まってしまいます。

 

運動が必要な理由はさまざまですが、そのうちの一つが「血流改善」です。運動をしない人は全身の血流が悪くなっている人が多く、酸素の摂取量が少ないためにカラダをめぐる酸素や栄養が不足するという特徴があります。これは髪の毛にも同じことが言えます。血流が弱くなると毛母細胞に必要な新鮮な酸素、そして十分な栄養が頭皮を巡りにくくなり、抜け毛などに繋がってしまうのです。

 

そうはいっても、激しい運動が必要なわけではありません。1日20分程度、軽いウォーキングをすればその日の運動としては十分な量を確保できます。

 

赤ちゃんのママは運動が不足しがち

 

とはいえ、産後のママはそうは簡単にいきません。赤ちゃんにかかりっきりになるので、家にこもりがちになり、これといった運動もしなくなってしまいます。そうすると毛母細胞に必要な酸素や栄養が不足してしまいます。いくらしっかり食事をとっていても、血液が栄養を運ばなければ意味がないのです。

 

赤ちゃんを放置してウォーキングに行く、なんてわけにもいきませんから、上手に部屋の中でできる運動を試してみるといいでしょう。たとえば買い物はなるべく歩いていく、エレベーターを使わないで階段を上り下りする、ちょっと遠くに行くときは一駅前でおりて歩くなどの工夫をすれば、20分のウォーキングぶんの運動量は十分に確保できます。

 

また、足や腕の筋肉を鍛えるのもよいでしょう。特に足の筋肉は「第二の心臓」と呼ばれ、血液を循環させる力が強いことで知られています。室内で腕立て伏せやスクワットをして重点的に鍛えると、運動の確保と筋肉量の増量の両方ができ、効率的です。


関連ページ

食事習慣を改善して産後の薄毛を克服する
髪の毛はたんぱく質から生成されるほか、たんぱく質の生成を助けるビタミンやミネラルなども髪の毛の成長には重要な役割を果たしています。そのため食事の内容は非常に重要なのです。
産後の抜け毛と喫煙の影響とは
喫煙が赤ちゃんに悪影響を与えるのはすでに常識ですが、実は抜け毛にも影響を及ぼすことがあります。百害あって一利なしなのですぐにやめるべきでしょう。
睡眠不足が女性の抜け毛に与える影響
実は睡眠不足も抜け毛に悪影響を与えてしまいます。副交感神経が活発になる時間帯に眠らないことで、髪の毛の成長を阻害してしまうのです。
産後のストレスを解消して抜け毛を抑える
産後は何かとストレスが起きやすいものです。しかし、産後脱毛症にとってストレスはもっとも避けるべき事態。うまく息抜きをして、ストレスと上手に付き合っていきましょう。