睡眠不足が女性の抜け毛に与える影響

夜泣きが原因の睡眠不足が抜け毛の大敵

夜更かし・睡眠不足は健康によくないことはよく知られています。当然、髪の毛にもよいことはありません。

 

しっかりと質のよい睡眠を十分にとることが重要となりますが、特に22時~2時は副交感神経が優位になるため睡眠にとって大変大切な時間帯と言えます。副交感神経が優位になると細胞の老廃物排出や栄養摂取が活発に行われるほか、成長ホルモンの分泌量が増えてきます。そのため皮膚を生成する基底層の細胞分裂が活発となるのです。

 

頭皮も皮膚の一部ですから、副交感神経が優位になる間に眠ることは髪の毛の成長のために必要不可欠なのです。

 

美容のためだけでなく、髪の毛のためにも、早寝早起きは重要な役割を持っています。

 

体内時計の役割

 

人間には概日リズムという体内時計を持っており、生活習慣は概日リズムに支配されています。概日リズムは24~25時間周期でリズムを刻む、地球上の生物に備わった生理現象のことで、生物は概日リズムに従って体が設計されています。人間の場合は夜明けとともに目覚めて、日が暮れると眠くなるというリズムを持っています。そのリズムに素直に従うことで、体の調子を整えているのです。

 

概日リズムは脳内の松果体によってコントロールされています。夜明けの太陽の光が目に入ると、松果体が起床命令を出して体が動き始めます。朝日を目に入れることで、概日リズムがリセットされるわけです。

 

もし起床時間が不規則だと、朝の光を浴びない日が出てきます。そうすると概日リズムはリセットされず、体内時計が乱れてしまいます。自律神経失調症などの体調不良は、この概日リズムのリセットがうまくいっていないことが原因となることが多いです。

 

また、概日リズムのリセットは夜眠る際のリズムにも大きく関わっています。太陽光を浴びてから約15時間後にメラトニンというホルモンの一種が分泌され、眠気を引き起こします。もし朝日を浴びずにリセットがうまくいっていないと、メラトニンが分泌されないため眠気がこなくなり、寝つきが悪くなってしまうのです。そうして朝起きられなくなり、また太陽光を浴びることができなくて夜眠気が来ない・・・という悪循環に陥ってしまうのです。

 

質のよい睡眠をとるには、朝日を浴びて概日リズムをリセットすることが最も重要なのです。

 

産後は概日リズムが乱れやすい

 

赤ちゃんには夜泣きがあります。そのため深夜の時間帯に起こされてしまうことがたびたび起こります。そうするとまず22時~2時の間の質のよい睡眠が難しくなります。そして朝起きられなくなり、朝日を浴びることができなくなります。

 

そうすると、副交感神経が優位になる時間が少なくなるだけでなく、夜の寝つきが悪くなってしまうため、二重の意味でトラブルが起こってしまうのです。そうなると、髪の健康な成長は損なわれてしまい、産後脱毛症の回復がずっと遅くなってしまいます。

 

そうならないようにするには、まずできるだけ早寝をすることです。22時に就寝していれば、夜泣きで起こされても重要な時間帯を長時間睡眠に充てることができます。

 

また、朝は眠くてもなるべく起きるようにすること。そして朝日をしっかり浴びることです。そうすれば、夜に眠くなって、スムーズに22時に就寝できるようになります。

 

そうすれば、赤ちゃんと一緒の生活リズムを送ることができるだけでなく、早寝早起きをして産後脱毛症を早く改善することができるようになるわけです。


関連ページ

食事習慣を改善して産後の薄毛を克服する
髪の毛はたんぱく質から生成されるほか、たんぱく質の生成を助けるビタミンやミネラルなども髪の毛の成長には重要な役割を果たしています。そのため食事の内容は非常に重要なのです。
産後の抜け毛と喫煙の影響とは
喫煙が赤ちゃんに悪影響を与えるのはすでに常識ですが、実は抜け毛にも影響を及ぼすことがあります。百害あって一利なしなのですぐにやめるべきでしょう。
産後は運動不足になりがち!しっかりと体を動かそう
健康によくないことは髪にもよくないのは言うまでもありません。運動不足は生活習慣病の原因となりますが、薄毛の回復にも悪影響を与えるのでできるだけ運動をするようにしましょう。
産後のストレスを解消して抜け毛を抑える
産後は何かとストレスが起きやすいものです。しかし、産後脱毛症にとってストレスはもっとも避けるべき事態。うまく息抜きをして、ストレスと上手に付き合っていきましょう。