食事習慣を改善して産後の薄毛を克服する

肉ばかりではダメ!魚介類や大豆もしっかり食べていこう

食生活の中で、薄毛抜け毛にもっともよくないのが肉食です。野菜を食べずに肉ばかり食べているようでは、薄毛は改善しないと言ってよいでしょう。

 

肉は脂肪が多く、コレステロールも高いので、食べ過ぎると体内の脂質が多すぎる状態となり、頭皮も皮脂過剰となってしまいます。皮脂が増えると当然毛穴が詰まりやすくなるので、健康な髪の毛が成長することができなくなるのです。

 

さらに、血管の中性脂肪の量も増えてしまうため、血管が細くなって血流が少なくなります。その結果、頭皮の血流も減り、毛母細胞への栄養補給が滞ってしまいます。栄養不足になると髪の毛はその分細くなるので、全体的に髪が薄い印象となってしまいます。

 

日本人は脂肪分を分解する能力があまり高くないので、できるだけ野菜を大目にとって中和する努力をしなければなりません。外食ばかりだと野菜が不足しやすいので、サラダを多く食べるなり、自炊を増やすなりして対策しましょう。

 

肉が悪いわけではない

 

とはいえ、お肉が好きな女性にとって、肉を一切食べないのはストレスにつながる可能性もあります。ストレスも当然頭皮にとってはよくないものなので、それでは本末転倒です。なので、一大決心するのはよいのですが、肉を一切断つというのは避けましょう。1週間のうち、数回は肉を食べる日を設けても問題はありません。量が偏らないようにバランスの良い献立を考えることが、無理なく続ける秘訣なのです。

 

どんな食べ物がいいの?

 

よく「昆布は髪の毛にいい」と言われますが、必ずしもそうではありません。確かに昆布にはミネラルが豊富に含まれていますが、ミネラルの役割は髪の毛の主成分となるタンパク質の生成を助けることとなります。なので主役はあくまでもタンパク質であり、昆布だけを食べていても効果はありません。なので迷信の類と言った方がいいでしょう。

 

以下に薄毛によい食べ物をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

タンパク質

髪の毛の主原料となるのがタンパク質です。魚介類や肉類、豆類に含まれています。

 

抜け毛対策の観点でいえば、肉類はなるべく避け、魚介類や大豆製品でタンパク質をまかなったほうがいいでしょう。とくに大豆にはイソフラボンが豊富に含まれているので、女性ホルモンの分泌量を整えるという効果もります。

 

ビタミン類

タンパク質摂取のサポートをします。ビタミン不足となると、いくらタンパク質を摂取しても髪の毛に使用されなくなってしまうわけです。ビタミンAやB6、Eを積極的に摂るようにしましょう。

 

ビタミンが多いのは緑黄色野菜やレバー、ゴマなどになります。

 

ミネラル

細胞機能を高めるために必要です。ミネラルは摂りすぎもよくないので、摂取量には気を付ける必要があります。

 

まずコンブやワカメに含まれるヨウ素が重要です。甲状腺ホルモンの働きを調整し、基礎代謝をうながす効果があるため、髪のツヤを生むのに役立ちます。

 

あとは亜鉛も積極的に摂取しましょう。カキやウナギなどに多く含まれ、たんぱく質の合成をサポートする作用があります。抜け毛予防によいと言われているので、不足しないように気をつける必要があります。


関連ページ

産後の抜け毛と喫煙の影響とは
喫煙が赤ちゃんに悪影響を与えるのはすでに常識ですが、実は抜け毛にも影響を及ぼすことがあります。百害あって一利なしなのですぐにやめるべきでしょう。
睡眠不足が女性の抜け毛に与える影響
実は睡眠不足も抜け毛に悪影響を与えてしまいます。副交感神経が活発になる時間帯に眠らないことで、髪の毛の成長を阻害してしまうのです。
産後は運動不足になりがち!しっかりと体を動かそう
健康によくないことは髪にもよくないのは言うまでもありません。運動不足は生活習慣病の原因となりますが、薄毛の回復にも悪影響を与えるのでできるだけ運動をするようにしましょう。
産後のストレスを解消して抜け毛を抑える
産後は何かとストレスが起きやすいものです。しかし、産後脱毛症にとってストレスはもっとも避けるべき事態。うまく息抜きをして、ストレスと上手に付き合っていきましょう。